「東日本に勇気と希望を」プロジェクト 〜”寄付ロゴ”で復興支援と消費喚起を!〜

背景
本プロジェクトは以下の体制で実施します。

運営委員会

運営委員会は、主として以下の役割を担当する。
1)基本方針、運営実施計画等の決定
2)参加希望団体の承認
3)寄付分配(寄付対象、寄付額等)の決定
4)決算の承認
5)その他重要事項


事務局

【企画・運営】
 1)運営実施計画等の検討・策定(寄付対象の選定、仕組み等の検討など)
 2)寄付分配案の策定(年4回)
 3)事業の進行管理
【財務】
 1)寄付金の管理・運営
 2)寄付に係るディスクロージャー業務、決算報告の作成
【渉外】
 1)協賛企業の参加募集、参加予定企業の窓口業務
 2)協賛企業の相談窓口、交渉・調整業務
 3)協賛企業より寄付相当額収集業務
【広報】
 1)プレス対応
 2)寄付ロゴの普及宣伝
 3)ホームページ等による情報発信
 (協賛企業一覧や寄付分配情報などを随時発信して透明性を確保・徹底)
 4)キャンペーン活動の企画・実行


上記に係るプロジェクト運営事務費、その他手数料等については、寄付の10%を充てるものとします。


 運営体制
(図をクリックして拡大) 

将来、岩手県、宮城県、福島県の各県に地域委員会を設置することを検討しています。


サポーター
・秋吉久美子(女優)
・小川陽子(医療福祉ジャーナリスト, イメージコンサルタント)
・川添高志(ケアプロ(株) 代表取締役)
・河田 聡(大阪大学工学部応用物理学科 教授, Prof. Kawata's Cyber Lab
・岸 博幸(慶應義塾大学大学院 教授)
・グレン・ヒカリ・オノデラ(「カッフェ・イル・ソーリト」 オーナー,
「The Glenda The Good Witch's Goods Fund」 創設者)
・小木曽麻里(BLUE FOR TOHOKU代表, コペルニクス・アドバイザー)
・三遊亭楽麻呂(落語家)
・鈴木崇弘(城西国際大学大学院 客員教授)
・橘 民義((株)第一総合研究所 代表取締役)
・西田陽光((社)日本家庭生活研究協会 常務理事)
・山口スティーブ(日本ソフト・パワー研究所 代表, (株)トラベル東北 社長

株式会社政策工房
東日本震災復興支援メディア「bloblo」         (敬称略、五十音順)
ページのトップへ

トップページコンセプト寄付ロゴ導入モデル運営体制お問合せ・ご依頼先IDCJ Home