「東日本に勇気と希望を」プロジェクト 〜”寄付ロゴ”で復興支援と消費喚起を!〜

背景

実施にあたって以下の基本モデルを想定しています。商品・サービス内容によっては、その他の利用方法も考えられます。

モデル1:寄付ロゴを自社商品に印刷するケース(全産業など向け)


モデル1:寄付ロゴを自社商品に印刷するケース(全産業など向け)




モデル2:寄付シールを店頭販売するケース(サービス業、小売業など向け)


モデル2:寄付シールを店頭販売するケース(サービス業、小売業など向け)

ページのトップへ

トップページコンセプト寄付ロゴ導入モデル運営体制お問合せ・ご依頼先IDCJ Home