『日本評価研究』執筆要領

日本評価学会誌刊行規程へ
日本評価学会誌投稿規程へ


2002.9.18改訂
2002.3.25改訂
1. 本文、図表、注記、参考文献等
(1)
論文等の記載は次の順序とする。
日本語原稿の場合
 第1ページ:
  表題、著者名、所属先、E-mail、和文要約(400字程度)、和文キーワード(5つ以内)
 第2ページ以下:
  本文、謝辞あるいは付記、注記、参考文献
 最終ページ:
  英文表題、英文著者名、英文所属先、E-mail、英文要約(150words程度)、
  英文キーワード(5つ以内)

英文原稿の場合

 第1ページ:

  Title; the authorユs name; Affiliation; E-mail address;

  Abstract (150 words) ; Keywords (5 words)
 第2ページ以下:
  The main text; acknowledgement; notes; references
(2) 本文の区分は以下のようにする。
例1(日本語)
 1.
   (1)
     @
     (2)
   (3)
例2(英文)
  1.
  1.1
  1.1.1
 1.1.2
(3) 図表については、出所を明確にする。図表は原則として、筆者提出のものをそのまま写真製版するので、原図を明確に作成すること。写真は図として扱う。
 
例1:日本語原稿の場合
図1 ○○州における生徒数の推移 





  (注)
  (出所)
 
表1 ○○州における事故件数(注)





(注)
(出所)
  
 
例2:英文原稿の場合
Figure 1 Number of Students in the State of ○○





Note:
Source:
 
Table 1 Number of Accidents in the State of ○○





Note:
Source
 
(4) 本文における文献引用は、「・…である(阿部1995、p.36)。」あるいは「・…である(阿部1995)。」のようにする。英文では、(Abe 1995, p.36) あるいは(Abe 1995)とする。 (7) 参考文献は、日本語文献は著者の五十音順、外国語文献は著者のアルファベット順に記し、年代順に記載。参考文献の書き方については以下のようにする。
(5) 本文における注記の付け方は、(…である1。)とする。英文の場合は、(….1)とする。
(6) 注記、参考文献は論文末に一括掲載する。
 注記
  1 ………。
  2 ………。
(7) 参考文献は、日本語文献は著者の五十音順、外国語文献は著者のアルファベット順に記し、年代順に記載。参考文献の書き方については以下のようにする。
日本語単行本:著者(発行年)『書名』、発行所

(例)日本太郎(1999)『これからの評価手法』、日本出版社

日本語雑誌論文:著者(発行年)「題名」、『雑誌名』、巻(号):頁−頁

(例)日本太郎(1999)「評価手法の改善に向けて」、『日本評価研究』、1(2):3−4

日本語単行本中の論文:著者(発行年)「題名」、編者『書名』、発行所、頁−頁
(例)日本太郎(2002)「行政評価」、日本花子『評価入門』、日本出版社、16-28
複数の著者による日本語文献:著者・著者(発行年)『書名』、発行所
(例)日本太郎・日本花子(2002)『政策評価』、日本出版社
英文単行本:著者 (発行年). 書名. 発行地:発行所.
(例)Rossi, P. H. (1999). Evaluation: A Systematic Approach 6th edition. Beverly Hills, Calif: Sage Publications.
英語雑誌論文:著者 (発行年). 題名. 雑誌名, 巻(号), 頁−頁.
(例) Rossi, P. H. (1999). Measuring social judgements. American Journal of Evaluation, 15(2), 35-57.
英語単行本中の論文:著者 (発行年). 題名. In 編者 (Eds.), 書名. 発行地:発行所, 頁−頁.
(例)DeMaio, T. J., and Rothgeb, J. M. (1996). Cognitive interviewing techniques: In the lab and in the field. In N. Schwarz & S. Sudman (Eds.), Answering questions: Methodology for determining cognitive and communicative processes in survey research. San Francisco, Calif: Jossey-Bass, 177-196.
2名の著者による英語文献:姓, 名, and姓, 名 (発行年). 書名. 発行地:発行所.
(例)Peters, T., and Waterman, R. (1982). In Search of Excellence: Lessons from Americaユs Best Run Companies. New York: Harper & Row.
3名以上の著者による英語文献:姓, 名, 姓, 名, and姓, 名 (発行年). 書名. 発行地:発行所.
(例)Morley, E., Bryant, S. P., and Hatry, H. P. (2000). Comparative Performance Measurement. Washington: Urban Institute.
 
(注1)同一著者名、同一発行年が複数ある場合は、(1999a)、(1999b) のようにa,b,cを付加して区別する。
(注2)2行にわたる場合は2行目移以降を全角1文字(英数3文字)おとしで記述する。





日本評価学会トップページに戻る