日本評価学会誌刊行規程

日本評価学会誌投稿規程へ
日本評価学会誌執筆要領へ


2005.2.15改訂
2002.9.18改訂
2001.9.9改訂
(目的及び名称)
1.  
日本評価学会(以下、「学会」という)は、評価に関する研究および実践的活動の成果を国内外の学界をはじめ評価に関心をもつ個人および機関に広く公表し、評価慣行の向上と普及に資することを目的として、「日本評価研究(仮名)」(英文仮名:"The Japanese Journal of Evaluation Studies"、以下、「評価研究」という)を刊行する。
(編集委員会) 
2. 
「評価研究」の編集は、後で定める「編集方針」にもとづいて編集委員会が行う。
3. 
編集委員会は、学会会員20名以内をもって構成し、委員は学会理事会が選任する。編集委員の任期は2年とし、再任を妨げないものとする。
 4.  編集委員会は、互選により委員長1名、副委員長2名および常任編集委員若干名を選出する。
5. 
編集委員会は、最低年1回編集委員会を開き、編集方針、編集委員会企画、その他について協議するものとする。
6.  編集委員会は、その活動等について、随時理事会へ報告し、承認を受けるとともに、毎年1回学会年次大会の場で、過去1年の活動成果と翌年の活動計画に関する報告を行う。
7. 

委員長、副委員長および常任編集委員は、常任編集委員会を構成し、常時、編集実務に当たる。

(編集方針)
8. 

「評価研究」は、原則として、年2回刊行する。

9.  「評価研究」の体裁は、B5版とし、英文又は和文とする。
10.  「評価研究」に掲載する原稿(以下「論文等」という)の分類は、以下の5カテゴリ−からなるものとする。
(1)総説
(2)研究論文
(3)研究ノート
(4)実践・調査報告
(5)その他
 11.  「評価研究」への投稿有資格者は、学会会員および常任編集委員会が投稿を依頼した者とする。学会会員による連名での投稿および学会会員を主筆者とする非会員との連名での投稿は、これを認める。編集委員による投稿はこれを認める。
12.  投稿原稿を上記分類のどのカテゴリ−として扱うかは、投稿者の申請等をもとに常任編集委員会が、下記の「作業指針」に従って決定する。
(1)「総説」は、評価の理論あるいは慣行について概観する論文とし、その掲載については編集委員会が企画・決定する。
(2)「研究論文」は、評価の理論構築あるいは慣行の理解について重要な学問的貢献となると認められる論文とし、その採否については次項に定める査読プロセスを経て常任編集委員会が決定する。
(3)「研究ノート」は、「研究論文」作成過程での理論的あるいは経験的な研究の中間的成果物に相当する論考で、その採否については次項に定める査読プロセスを経て常任編集委員会が決定する。
(4)「実践・調査報告」は、評価事業の実践あるいは評価にかかわる調査の報告で、その採否については次項に定める査読プロセスを経て常任編集委員会が決定する。
(5)「その他」には、編集委員会が独自に企画する特集に掲載する依頼原稿や学会誌の刊行に関する編集委員会からの学会会員への連絡等が含まれる。
13.  論文等は2名の査読者により査読することとし、その人選は編集委員会が行う。「研究論文」については、査読結果と編集委員会が査読者とは別に指名する担当編集委員1名の参考意見をもとに、編集委員会が掲載に関する決定を行う。「総説」、「研究ノート」、「実践・調査報告」および「その他」の論文については、査読結果にもとづき編集委員会が掲載に関する決定を行う。
14.  編集委員が「評価研究」に投稿した場合には、当該委員はその投稿に係わる常任編集委員会あるいは編集委員会の議事に一切参加しないものとする。
15.  上記いずれのカテゴリーの投稿についても、常任編集委員会による掲載の判断は可・不可の二者択一で行うこととする。但し、場合によっては編集委員会の判断で、小規模の修正による掲載も認める。「研究論文」としての掲載が適当でないと判断された場合でも、投稿者が希望すれば、常任編集委員会は「研究ノート」あるいは「実践・調査報告」としての掲載を決定できる。
(投稿要領の作成公表)
16.  編集委員会は、上記の編集方針にもとづき投稿要領を作成し、理事会の承認を得て、広く公表する。
(配布先)
17.  「評価研究」は、学会会員に無償で配布するほか、非会員に有償で提供する。
(抜刷の配付)
18.  「評価研究」掲載論文等の抜刷り30部を、投稿者(原著者)に無料で配布する。それ以上の部数を希望する場合は投稿者(原著者)の自己負担とする。
(インターネット上の公開)
19.  「評価研究」掲載論文等は、投稿者(原著者)の了承を得て全文をインターネット上で公開する。
(著作権)
20.  「評価研究」に掲載された論文等の著作権は各投稿者(原著者)に帰属するものとし、編集権は本学会に帰属するものとする。
(事務局)
21. 
「評価研究」編集及び配布の事務は、それに関連する会計も含めて学会事務局が担当する。
 
(以上)





日本評価学会トップページに戻る